ホーム >  診療科・部門 >  部門のご案内 >  看護部 >  看護部

ここから本文です。

看護部

ご挨拶

   皆さま、こんにちは。

   名寄市立総合病院看護部は、患者さん・ご家族に寄り添い、患者さん中心の看護実践を目指し、日々努力しています。また、患者さん・ご家族の尊厳を守り、安全に看護を提供し、信頼される看護師を育成するために、教育に力を入れています。看護を通じて成長し、人と人との繋がりを大切にしながら、必要な倫理観と実践力を身に付け、多職種と協働しチームの一員として地域に貢献できるよう努めてまいります。

看護部長 日下 玲子

看護部の理念・基本方針・目標

理念

「心のこもった看護」「信頼される看護」「安全な看護」を提供します。


基本方針

  1. 患者さんの権利を尊重し、信頼と満足感を得られる看護を提供します。
  2. あたたかい心、相手を思いやる気持ちを持って看護します。
  3. 安全・安楽・安心な看護を提供します。
  4. 医療をとりまく環境の変化に対応し、質の高い看護を提供します。
  5. 業務改善を行い、働きやすい活気のある職場環境を目指します。
  6. 看護職員の教育・研修の充実を図り、個々の能力開発を支援します。
  7. 地域のニーズに応えた病院運営および、経営に積極的に参画します。

平成30年度目標

  • 患者さんの尊厳を守った患者さん中心の医療・看護の実践
  • やりがい感をもって働き続けることができる職場づくり
  1. 患者の尊厳を守った患者中心の医療・看護の実践

    ①倫理的視点を持てる
    全部署が倫理的視点でカンファレンスし、患者さんの尊厳を守った看護方法の選択・看護実践に繋げることができる。

    ②患者・家族の思いに沿った退院支援を行い地域へつなげる
    受診時より、患者さん・ご家族を生活者としてとらえ、最期までその人らしく望まれる場所で過ごすことができるように看護実践する。
    各部署が地域の担当者と積極的に連携し、最期までその人らしく望まれる場所で過ごすことができるように援助する。
  2. 労働環境の改善

    各部署の特殊性を踏まえ、各部署で業務改善を行う。
  3. 急性期一般入院基本料を維持する

    ・効率的なベッドコントロールを行う。
       入院患者さんのベッド待ち時間削減、ベッド移動に伴う患者さん・職員の負担軽減を図る。
    重症度、医療・看護必要度の正確な評価を行う。
       「医事請求」と「重症度と医療・看護必要度評価」の一致確認方法の効率化・検討を行う。
  4. 病院機能評価受審に向け、よりよい看護体制づくりを目指す

    病院機能評価のチェック項目を用いて、不足部分、改善事項を明確にし、取り組む

看護方式

固定チームナーシングを取り入れ、患者さんに責任を持って継続した質の高い看護を提供しています。
 

こちらもご覧ください

本文ここまで

ページの先頭へ戻る