ホーム >  診療科・部門 >  診療科のご案内 >  呼吸器内科

ここから本文です。

呼吸器内科

外来診療日程はこちら

担当医師

統括診療部長 森田 一豊(もりた かずとよ)
医長 石田 健介(いしだ けんすけ)
医員 木田 涼太郎(きだ りょうたろう)

概要

主に扱う病気

気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、肺癌、気胸など

こんな症状があらわれます

咳、痰、息切れ、胸の痛み

診療内容

呼吸器内科は主に肺の病気を扱う内科です。

空気の通り道を気管・気管支といいます。この気管・気管支から肺の組織までに起こる病気を扱っています。また、胸膜といって胸の壁と肺の間にある薄い膜の病気も扱っています。

呼吸器疾患の検査としては、胸部レントゲン写真、胸部CT検査(断層写真)、気管支鏡検査、呼吸機能検査を行っています。また、肺癌では転移の有無を確認するために放射線を出す薬を注射して行う骨シンチや、脳のMRIを行うこともあります。

治療は、気管支喘息では、ステロイドホルモンの吸入薬を中心に普通の人と同じように生活できることをめざして治療しています。慢性閉塞性肺疾患では、薬を使用するとともに、呼吸リハビリを行い、残った肺の機能をできるたけ有効に活用し、生活の質を保つようにしています。間質性肺炎は、進行性の疾患であり、ステロイドホルモンの内服や免疫抑制剤の使用なども行いつつ最新のガイドラインに基づいて治療しています。不幸にして呼吸不全が悪化し酸素が必要になった場合には、在宅酸素療法を行います。肺癌は、手術や放射線療法を当院で行えないことから、旭川や札幌に紹介していますが、その他の抗がん剤を使用した治療や、苦痛を緩和するための治療を行っています。気胸については、胸に太めの管を入れて漏れている空気を外に出す治療や、薬で胸の中に空気が漏れなくするようにする治療(癒着術)をしていますが、手術が必要になった場合は当院の外科と連携しスムーズに対応する体制があります。

診療体制

呼吸器内科は、平成23年4月から常勤医2名と週に1回の出張医により診療しています。定期外来は、月・火・木・金曜日の午前中です。喘息や慢性閉塞性肺疾患の増悪などによる呼吸不全などの救急には、年中24時間の対応を行っています。外来は混雑のため待ち時間が2~3時間になることもありますので、今後は地域の病院や診療所、クリニックとの連携を強化し、安定して患者さんを外部に紹介することで重症患者を待たせずに診療を行えるように環境を整えていきます。

診療スタッフ

医師数:常勤医2名で診療に当たっています。

スタッフ紹介

森田 一豊(もりた かずとよ)

職名 統括診療部長
出身学校 旭川医科大学 卒業年 昭和61年
主な経歴 昭和61年 旭川医科大学内科学第一講座 研修医
昭和63年 国立療養所名寄病院 厚生技官
平成2年 旭川医科大学内科学第一講座 医員
平成4年 国立療養所名寄病院 厚生技官 主任医長
平成13年 士別市立病院 呼吸・循環器内科主任医長・診療部長
平成23年 名寄市立総合病院 呼吸器内科 医長
平成24年 名寄市立総合病院 診療部長
専門分野 呼吸器・循環器
専門医・資格 認定内科専門医
循環器専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
プライマリ・ケア認定医
総合内科専門医
所属学会 日本内科学会
日本呼吸器学会
日本循環器学会
呼吸器内視鏡学会
日本高血圧学会

石田 健介(いしだ けんすけ)

職名 医長
出身学校 旭川医科大学 卒業年 平成16年
主な経歴 平成16年 旭川医科大学病院 研修医
平成17年 市立旭川病院 研修医
平成18年 旭川医科大学病院 医師
平成23年 旭川厚生病院 呼吸器科 医師
平成27年 名寄市立総合病院 呼吸器内科 医長
専門分野  
専門医・資格 日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本内科学会 認定医内科医
総合内科専門医
所属学会 日本呼吸器学会

木田 涼太郎(きだ りょうたろう)

職名 医員
出身学校 旭川医科大学 卒業年 平成27年
主な経歴 平成27年 旭川医科大学病院 研修医
専門分野  
専門医・資格  
所属学会  

本文ここまで

ページの先頭へ戻る