ホーム >  医療関係者の方へ >  地域医療支援事業

ここから本文です。

地域医療支援事業

 地域完結型の包括医療体制の中心として
(医師派遣事業)    (名寄地区機能訓練事業)

高齢社会の到来、介護保険の導入などで、在宅医療を含め地域医療の充実が、ますます重要なものになってきています。

在宅医療、地域医療を推進するにあたっては、保健・医療・福祉の総合的な取り組みが必要です。住民の健康を守り、福祉を推進する観点から、病気の発症、予防から治療、社会復帰に至る一連の経過の中で、必要な医療が効果的に提供される体制作りが求められています。

特に、高齢化に伴って増加する生活習慣病を、可能な限り予防し、重症化を防止するための保健・医療サービス体制の充実が望まれています。このような体制作りの中で重要なのは医療であり、地域の医療が充実していなければ、「事」は始まりません。

  以上のような考えから、当院では、地方・地域センター病院として、地域医療の充実を目指して、各種の地域医療支援事業を広域的に推進しています。

その主なものは

  1. 地域医療支援室事業(医師派遣)
  2. 産婦人科・精神科サテライトクリニック(枝幸町国保病院)
  3. 小児科・産婦人科・眼科サテライトクリニック(中川町立診療所)
  4. 名寄地区機能回復訓練事業
などです。
名寄市立総合病院は、地域医療の格差解消と地域完結型の包括医療をめざし、地域医療支援事業を積極的に進めています。

本文ここまで

ページの先頭へ戻る