ホーム >  診療科・部門 >  診療科のご案内 >  循環器内科

ここから本文です。

循環器内科

外来診療日程はこちら

担当医師

副院長 酒井 博司(さかい ひろつか)
診療部長 八巻 多(やまき まさる)
医員 徳野 翔太(とくの しょうた)
医員 久木田 新(くきた しん)

概要

主に扱う病気

高血圧症、心筋梗塞、狭心症、不整脈、心不全、心筋症、閉塞性動脈硬化症、など

こんな症状があらわれます

胸が苦しい、息苦しい、動悸がする、むくみが出る、歩くと足がすぐ痛くなる、血圧が上がる、急に目の前が暗くなる、気を失う、など

診療内容

   「循環器内科」は英語では「cardiovascular medicine」にあたります。"cardio"とは心臓のことで"vascular"は血管という意味ですから、循環器内科は主に全身の血管系と心臓の病気を扱う内科です。

   心臓の病気は先天的なものや、特に原因がないもの、年齢とともに現れてくるものも多くありますが、近年は「動脈硬化」が原因の病気が増えてきています。最近ではメタボリックシンドロームや生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症)、慢性腎臓病(CKD)がテレビなどで取りあげられる機会が増えています。これらは動脈硬化を進行させる要因になっているため、これら危険因子のコントロールも診療の中で重要な位置を占めています。とりわけ高血圧や慢性腎臓病については循環器内科で専門的に治療に取り組んでいます。

   循環器疾患の検査としては、当院では超音波(エコー)検査(心臓、頸部血管、腎動脈、下肢動脈)、核医学検査、ホルター心電図(24時間心電図)、トレッドミル運動負荷検査、CT検査(冠動脈、末梢動脈)、心臓カテーテル検査などが可能です。これらを駆使して病気の診断や早期発見に努めています。

   ここ数年ではCT検査の進歩が著しく、カテーテル検査でなくては評価できなかった冠動脈狭窄を、事前にある程度調べることができるようになりました。

   近年ではいろいろな分野で身体に対して負担の少ない治療が進歩しており、内科でも薬物療法以外の積極的な治療が行われることが多くなってきました。循環器内科では狭心症や心筋梗塞に対して心臓の血管(冠動脈)の狭い部分を拡げる冠動脈カテーテル治療(風船治療、ステント治療)、また不整脈に対してペースメーカー治療、植え込み型除細動器治療なども必要な患者さんには積極的に行っています。また、外科治療を要する病気の場合でも心臓血管外科と密に連携をとってスムーズに治療を進められる体制をとっています。

診療体制

循環器内科は年中24時間の救急患者にも対応できる体制で診療にあたっています。平日は毎日午前中2名が外来の診療を行っています。

診療実績

EVTとPCI件数


 (件数) 緊急PCI 待機PCI EVT
2008年  29  78  9
2009年  42  109  11
2010年  34  87  9
2011年  58  64  3
2012年  55  168  26
2013年  60  154  29
2014年  61  212  32
2015年  68  192  25
2016年  78  175  69
2017年  80  156  88

AF(心房細動)とAF以外の診療件数


(件数) AF以外 AF 合計
2012年 7 7 14
2013年 31 18 49
2014年 30 34 64
2015年 44 37 81
2016年 28 104 132
2017年 56 175 231

スタッフ紹介

酒井 博司(さかい ひろつか)

職名 副院長
出身学校 旭川医科大学 卒業年 昭和60年
主な経歴 平成2年 旭川医科大学 大学院医学研究科修了(医学博士)
旭川医科大学 第一内科 医員
平成3年 上湧別厚生病院 内科 主任医長
平成5年 道立北見病院 循環器内科 医員
平成6年 道立紋別病院 循環器内科 医長
平成10年 道立紋別病院 副院長
平成17年 名寄市立総合病院 循環器内科 診療部長
平成24年 名寄市立総合病院 副院長、医師支援室長 兼務
平成26年 地域医療連携室長兼務
専門分野 循環器内科
専門医・資格 医学博士
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本循環器学会専門医
日本高血圧学会指導医
旭川医科大学臨床指導教授
植込み型除細動器登録医
両心室ペースメーカー治療登録医
受賞 平成5年4月 日本内科学会研究奨励賞
所属学会 日本内科学会
日本循環器学会
日本心臓病学会
日本高血圧学会
日本老年学会
日本透析医学会
日本心血管インターベンション学会
日本不整脈学会
日本医療情報学会
日本遠隔医療学会

八巻 多(やまき まさる)

職名 診療部長
出身学校 旭川医科大学 卒業年 平成9年
主な経歴 平成19年 旭川医科大学病院 救急部 助教
平成21年 旭川医科大学病院 集中治療部 助教
平成22年 旭川医科大学病院 救急医学講座 医局長
平成22年 名寄市立総合病院 循環器内科 医長
平成22年 北海道循環器病院 医長兼シネアンジオ室長
平成23年 旭川医科大学病院 救命センター 助教
平成24年 名寄市立総合病院 循環器内科 主任医長
平成27年 名寄市立総合病院 救命救急センター長 兼 救急室長
平成29年10月 名寄市立総合病院 救急室長 兼 循環器内科 診療部長
専門分野 循環器救急
専門医・資格 日本内科学会 内科認定医・指導医
日本循環器学会 専門医
日本心血管インターベンション治療学会 専門医・指導医・代議員
日本不整脈学会 日本心電学会医認定 不整脈専門医
植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修終了
日本救急医学会認定 救急科専門医
ACLSインストラクター
旭川医科大学臨床指導教授
所属学会 日本内科学会・日本循環器学会・日本救急医学会
日本不整脈学会・心血管インターベンション治療学会
日本温泉気候物理医学会

徳野 翔太(とくの しょうた)

職名 医員
出身学校 旭川医科大学   卒業年 平成27年
主な経歴 平成27年 旭川医科大学病院 研修医
専門分野  
専門医・資格  
所属学会  

久木田 新(くきた しん)

職名 医員
出身学校 旭川医科大学 卒業年 平成28年
主な経歴 平成28年 旭川医科大学病院 研修医
   
専門分野  
専門医・資格  
所属学会  


本文ここまで

ページの先頭へ戻る