ホーム >  診療科・部門 >  部門のご案内 >  薬剤部

ここから本文です。

薬剤部

  薬剤部では、薬剤師11名、薬剤補7名で業務を行っています。医師及び看護師など他の医療スタッフと連携をとりながら、医薬品を介して患者さんの治療のお役に立つよう努めています。

  以下に、薬剤部が行っている主な業務についてご紹介します。

1.調剤・製剤業務

  調剤室では、外来および入院患者さんの薬を調剤しています。医薬品の適正使用を図るため、医師から処方された薬の飲み方や量、飲み合わせ(相互作用)や重複投与などのチェックを実施し正確に調剤をしています。さらに、院外の調剤薬局との連携を強めて患者さんの入院・退院後の継続した薬物治療に協力しています。

  医師が診療を行う上で、必要とする医薬品が全て市販されているとは限りません。需要が少ないものは製薬会社では製造しておらず、そういった場合医師のニーズに応え薬剤師が病院内で製剤を行い供給しています。

  癌化学療法に使用される注射点滴薬、さらに高カロリー輸液、末梢輸液の混合調製を行っています。専用の無菌室、安全キャビネットが設置されており、外来および入院患者さんにより安全な医薬品の提供を行っています。

2.薬品管理業務

  薬剤部では、医薬品の適正な在庫管理を行い、適切な条件で保存管理し、品質に優れた安全な医薬品を提供しています。また、注射薬の供給において入院患者さんに使用される注射薬を注射処方せんに従って患者さん毎に取り揃え、カートにセットして病棟に供給する業務を行っています。

3.病棟薬剤管理業務

  入院中の患者さんには、薬剤師が服薬指導・薬歴管理を行いチーム医療の一員として適切な薬物療法の提供に努めています。各病棟に薬剤師を配置し、他の医療スタッフと連係し患者さんが安心して薬を服用できるよう様々な情報の提供を行っています。

4.治験、製造販売後調査業務

  治験及び製造販売後調査業務の事務局管理業務を行っています。

本文ここまで

ページの先頭へ戻る