ホーム >  診療科・部門 >  部門のご案内 >  看護部 >  2階北病棟(精神科病棟)

ここから本文です。

2階北病棟(精神科病棟)

第1病棟

病棟目標


患者・家族の思いに寄り添うと共に、身体的・心理的・社会的な視点からや患者を理解し、疾患に合わせた質の高いケアを提供できる

1.患者や家族の意向を取り入れた退院支援が行われる

①長期入院患者(1年以上)が2名以上退院できる

②参加型看護計画を実施し、個別性の高いケアを実施できる

2.他職種や看護師間(病棟・外来・デイケア・訪問看護等)と連携、多職種カンファレンスを実施し、包括的、継続的な支援につなげる

3.倫理カンファレンス(月1事例)を実施し、患者の人権擁護者としての役割を考え、実践に生かすことができる

 

看護科長から一言

 精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築が求められるなか、病院スタッフ、地域の支援者と共に入院中から退院後の地域生活の切れ目ない支援を目指して取り組んでいます。一人ひとりの出会いを大切に一人ひとりが笑顔になるよう思いやりのある看護をスタッフ一同取り組んでいます

                                                      2階北病棟 看護科長 鈴木敦子

 

 

2階北病棟風景


 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る