ホーム >  診療科・部門 >  部門のご案内 >  医療技術部 >  リハビリテーション科

ここから本文です。

リハビリテーション科

概要

 リハビリテーション科の疾患別割合は、おおむね整形疾患4割、脳血管疾患3割、その他3割となっています。
  その他については心大血管疾患、がん疾患、小児疾患、呼吸器疾患、外科・消化器・心療内科等の廃用疾患など多くの疾患を対象としています。また外来での小児リハビリテーションも理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が行っています。

 リハビリテーション開始は患者さんの病状によりますが、多くは入院早期や手術後早期から、ICUやベッドサイドにてリハビリテーションを開始しています。また、地域包括ケア病棟(平成27年2月開設)での治療も実施しており、急性期~回復期リハビリテーションの役割を担っています。

 平成9年度より名寄地区機能訓練事業を展開しています。名寄市、下川町、美深町、中川町、音威子府村へ年間 200 日、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を派遣し、地域の保健師とともに介護予防や訪問リハビリ指導、小児療育センターでのリハビリテーションを行っています。

スタッフ数

  • 理学療法士( PT )8名
  • 作業療法士( OT )3名 
  • 言語聴覚士( ST )2名
  • 助手4名

施設基準

  • 心大血管リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 脳血管疾患リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料

部門紹介

ここではリハビリテーション科内の部門の紹介をおこなっています。

理学療法

  病状に合わせて機能訓練室やベッド上で、関節可動域練習・筋力強化練習・筋緊張調整・基本動作練習(寝返り、起き上がり、座位、立ち上がり、歩行)を中心に行っています。また、平成28年9月~心臓リハビリテーションを開設し、循環器疾患や心臓外科系疾患のリハビリテーションも行っています。

作業療法

   機能訓練室で道具や物品を使用し、目的を持った作業や行動から ADL ・ IADL の促進、機能回復、さらに予防を視野に入れて治療しています。また、がん患者さんの病状緩和や精神的サポートを目的としたリハビリテーションも行っています。

言語療法

  主に脳卒中後遺症によっておこる失語症、嚥下障害、高次脳機能障害、顔面麻痺などの中枢性の疾患や、全ての分野における嚥下障害の治療などを行っています。

施設紹介

機能訓練室 言語療法室
心臓リハビリテーション室

本文ここまで

ページの先頭へ戻る