ホーム >  病院の概要 >  病院の概要 >  ご挨拶

ここから本文です。

ご挨拶

名寄市立総合病院長 和泉 裕一
名寄市病院事業管理者
名寄市立総合病院長

和泉 裕一

   名寄市立総合病院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

   名寄市立総合病院は、救命救急センターを有する道北三次医療圏の地方センター病院として、上川北部のみならず宗谷・留萌・網走支庁の一部を含む広域な医療をカバーしています。1998年に道北三次医療圏の地方センター病院(道内5病院)、2001年地域周産期母子医療センター、2003年医師臨床研修病院、2013年北海道がん診療連携指定病院、2015年道内12番目の救命救急センター指定、2017年には卒後臨床研修の評価認定を受け、旭川以北の医療資源が不足している医療圏域における中核病院として、隙間のない医療提供体制の構築と人材育成の強化に努めてまいりました。 

  

   北海道の地域医療構想においては、救急医療および高度急性期/急性期医療を中心とした医療を展開する病院として位置付けられておりますが、他の医療機関と密接な医療連携を保ち北北海道の地域医療に貢献することを目指しております。この医療圏は、専門的医療のみならず、救急医療においても広域連携を必要とするためICTの活用は必須であり、2013年に4病院で稼働を開始した道北北部医療連携ネットワークシステム(ポラリスネットワーク)は、現在17病院へと拡がり、さらなる有効活用が期待されます。また、救急医療においては、ドクターヘリによる搬送が約40件/年、救急車による搬送が約1800件/年、ドクターカー出動が約40件/年という実績であり、救命救急センターとして北北海道の広域救急医療を担っております。
   人口減少、生産年齢人口の減少・高齢化などの問題が取り上げられておりますが、今後も北北海道の地域医療へ貢献し、この地域に必要とされ、なくてはならない病院としてあり続けるよう、職員一同努力してまいります。

2018年4月1日
名寄市病院事業管理者
名寄市立総合病院病院長 和泉裕一

本文ここまで

ページの先頭へ戻る