ホーム >  病院の概要 >  病院の概要 >  ご挨拶

ここから本文です。

ご挨拶


名寄市病院事業管理者
和泉 裕一

管理者よりご挨拶

名寄市立総合病院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

  
名寄市立総合病院は、救命救急センターを有する道北三次医療圏の地方センター病院として、上川北部のみならず宗谷・留萌・網走支庁の一部を含む広域な医療圏をカバーしています。1998年に道北三次医療圏の地方センター病院(道内5病院)、2001年地域周産期母子医療センター、2003年医師臨床研修病院、2013年北海道がん診療連携指定病院、2015年道内12番目の救命救急センター指定、2017年には卒後臨床研修の評価認定を受け、旭川以北の医療資源が不足している医療圏域における中核病院として、隙間のない医療提供体制の構築と人材育成の強化に努めてまいりました。

  

 北海道の地域医療構想において、当院は救急医療および高度急性期/急性期医療を中心とした医療を展開する病院として位置付けられておりますが、他の医療機関と密接な医療連携を保ち北北海道の地域医療に貢献することを目指しております。
この医療圏は、専門的医療のみならず、救急医療においても広域連携を必要とするため
ICTの活用は必須であり、2013年に4病院で稼働を開始した道北北部医療連携ネットワークシステム(ポラリスネットワーク)は、現在18病院へと拡がりました。
今後は医療連携のみならず介護福祉連携を含めさらなる展開を進めていく予定であります。また、救急医療においては、救命救急センターとして、ドクターヘリ・ドクターカーを十分に活用して、引き続き北北海道の広域救急医療を担っていきます。

  
人口減少、生産年齢人口の減少・高齢化などの問題が取り上げられており、とくに北北海道においてはさらに厳しい状況が予想されておりますが、医療従事者の働き方改革を進めつつ、今後も北北海道の地域医療に必要とされる、なくてはならない病院としてあり続けるよう、職員一同努力してまいります。

202041
名寄市病院事業管理者 和泉 裕一

名寄市立総合病院
眞岸 克明

院長よりご挨拶


 このたび令和4年4月1日から、名寄市立総合病院長を拝命することとなりました。
 
 平成4年に旭川医科大学を卒業し、その後大学院への進学と同時に現在の外科学講座に入局しました。平成11年に当院の胸部心臓血管外科、現在の心臓血管外科に赴任し、22年間診療に当たってまいりました。2年前の令和元年度からは副院長に就任し、同時に医療安全管理部長も兼務してきたところです。
 
 
 当院の位置づけは、道北の急性期医療を担うセンター病院であり、救命救急センター・周産期母子医療センターを擁する病院であり、地域の医療・福祉の一翼を担っている要衝の病院だと理解しております。
 
 いわゆる2025年、2040年問題とされている高齢化・人口減少問題では、当該地域は全国の最先端を走っている状況にあり、大変厳しい問題です。今後の人口動態の予測を鑑みながら、急性期医療の質を落とすことなく人口減少に対応するために、適宜、事業内容の見直しと効率化を図り、周辺の医療機関とも連携を図っていきたいと思っております。
 
 本年で56歳になりますので、途中リタイアがなければ約10年という長い時間が与えられたことになります。じっくりと腰を据えて病院運営が出来ればと思っております。
 
 市民並びに関係各位の皆様には、暖かいご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2022年4月1日
名寄市立総合病院病院長 眞岸 克明



 




本文ここまで

ページの先頭へ戻る