ホーム >  病院の概要 >  病院の概要 >  病院の概要

ここから本文です。

病院の概要

病床数

一般病床 300床
精神科病床 55床
感染症病床 4床
【合計】 359床

診療科目

    診療科名 医師数
診療科 内科 内科 -
循環器内科 4名
呼吸器内科 3名+出張医
神経内科 出張医
消化器内科 6名
糖尿病・代謝内科 2名
小児科 7名+出張医
外科 外科 4名
心臓血管外科 3名
呼吸器外科 -
整形外科 3名
脳神経外科 3名
  産婦人科 6名+出張医
眼科 1名+出張医
耳鼻咽喉科 2名
泌尿器科 3名+出張医
皮膚科 2名
心療内科・精神科 2名+出張医
放射線科 (出張医)
麻酔科 3名+出張医
救急科 5名+出張医
救命救急センター 2名(兼任)

計 22科 (人工透析 25台 リハビリテーション)

届出事項

   当院では、食事療養の基準に基づき食事の適時・適温の提供を行っています。患者さんの病状に応じて医師の指示のもと、管理栄養士によって栄養管理された食事の提供を行っています。なお、食事時間は、朝食7時30分・昼食12時・夕食18時となっております。

 

当院では、次の事項を届出しています。

基本入院料

一般病棟:急性期一般入院料1
精神病棟:13対1入院基本料
総合入院体制加算3
超急性期脳卒中加算
診療録管理体制加算1
医師事務作業補助体制加算1(一般病棟:15対1)(精神病棟:50対1)
急性期看護補助体制加算(25対1看護補助者5割以上)
看護補助加算3
療養環境加算
重症者等療養環境特別加算
精神科身体合併症管理加算
医療安全対策加算1
医療安全対策地域連携加算
感染防止対策加算1
感染防止対策地域連携加算
抗菌薬適正使用支援加算
患者サポート体制充実加算
褥瘡ハイリスク患者ケア加算
ハイリスク妊娠管理加算
ハイリスク分娩管理加算
後発医薬品使用体制加算3
データ提出加算2
精神疾患診療体制加算
救命救急入院料1
新生児特定集中治療室管理料2
小児入院医療管理料4
地域包括ケア病棟入院料2(看護職員配置加算・看護補助者配置加算)
入院時食事療法(Ⅰ)

医学管理等

糖尿病合併症管理料
がん患者指導管理料 イ
がん患者指導管理料 ロ
院内トリアージ実施料
救急搬送看護体制加算
ニコチン依存症管理料
がん治療連携指導料
薬剤管理指導料
検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料
医療機器安全管理料1
乳腺炎重症化予防・ケア指導料
在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料の注2

検査

遺伝学的検査
検体検査管理加算(Ⅱ)
HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
ヘッドアップティルト試験
長期継続頭蓋内脳波検査
神経学的検査
コンタクトレンズ検査料1
小児食物アレルギー負荷検査

画像診断 CT撮影及びMRI撮影(C・M)(CT×2 16~32列)
CT撮影及びMRI撮影(C・M)(MRI 1.5~3テスラ)
投薬・注射 抗悪性腫瘍剤処方管理加算
外来化学療法加算1
無菌製剤処理料
リハビリテーション 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション料
精神科専門療法 精神科作業療法
精神科ショート・ケア「大規模なもの」
精神科デイ・ケア「大規模なもの」
精神科ナイト・ケア
精神科デイ・ナイト・ケア
治療抵抗性統合失調症指導管理料
医療保護入院等診療料
処置 導入期加算Ⅰ
人工腎臓 慢性維持透析を行った場合1
透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
磁気による膀胱等刺激法
手術 脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。)及び脳刺激装置交換術
脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)
経皮的中隔心筋焼灼術
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
両心室ペースメーカー移植術及び両心室ペースメーカー交換術
植込型除細動器移植術及び植込型除細動器交換術及び経静脈電極抜去術
両室ペーシング機能付き植込型除細動器移植術及び両室ペーシング機能付き植込型除細動器交換術
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
膀胱水圧拡張術
腹腔鏡下仙骨腟固定術
医科点数表第2章第10部手術の通則16に掲げる手術(胃瘻造設術)
輸血管理料Ⅱ
人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
胃瘻造設時嚥下機能評価加算
その他 麻酔管理料(Ⅰ)
保険医療機関間の連携におけるデジタル病理画像による術中迅速病理組織標本作製
保険医療機関間の連携におけるデジタル病理画像による迅速細胞診
酸素の購入単価の設定
 

次の健康診断・予防接種を行っています

健康診断関係

  • 人間ドック、脳ドック (予約制)
  • 一般健康診断
  • 子宮癌検診
  • エイズ検

予防接種

  • 麻診
  • 風疹
  • おたふく
  • 水痘
  • 破傷風
  • B型肝炎ワクチン等

※各種ワクチンありますが常備していないものもありますので、事前にお問合せ願います

 

指定事項

指定 日本医療機能評価機構認定病院
NPO法人卒後臨床研修評価機構認定病院
救急告示病院
地方センター病院(道北第三次保健医療福祉圏)
地域センター病院(へき地医療拠点病院)
上川北部地区災害拠点病院(地域災害医療センター)
地域周産期母子医療センター
第二種感染症指定医療機関
SARS患者等受入医療機関協力病院
健康保険指定病院
国民健康保険指定病院
原爆被爆者医療法医療指定病院
労災保険医療指定病院
臓器提供施設
結核予防法医療指定病院
精神保健法通院指定病院
特定疾患治療研究事業指定病院
小児慢性疾患医療指定病院
未熟児養育医療指定病院
名寄市入院助産施設指定病院
運動療法施設基準認可病院(リハビリ・精神科作業療法)
心神喪失者等医療観察法指定通院医療機関
救命救急センター
教育関係 医師臨床研修指定病院(基幹型)
医師臨床研修指定病院(協力型:旭川医科大学病院・北海道大学病院)
外国人医師臨床修練指定施設
総合内科医養成研修センター指定病院
名寄市立大学看護学科実習病院
上川北部医師会附属准看護学院実習病院
北都保健福祉専門学校実習病院
学会関係 「日本内科学会」認定医制度教育関連病院
「日本循環器学会」循環器専門医研修施
「日本心血管インターベンション治療学会」研修施設
「日本不整脈学会・日本心電学会」認定不整脈専門医研修施設
「日本小児科学会」小児科専門医研修施設
「日本周産期・新生児医学会」周産期新生児専門医暫定研修施設
「日本外科学会」専門医制度修練施設
「三学会構成心臓血管外科専門医認定機構」基幹施設
「日本胸部外科学会」認定医認定制度指定施設
「関連10学会構成 ステントグラフト実施基準管理委員会」ステントグラフト実施施設(腹部・胸部)
「日本整形外科学会」専門医制度研修施設
「日本脳神経外科学会」専門医訓練施設
「日本脳卒中学会」専門医研修教育病院
「日本産科婦人科学会」専門医制度卒後研修指導施設
「日本産科婦人科内視鏡学会」認定研修施設
「日本眼科学会」専門医制度研修施設
「日本耳鼻咽喉科学会」専門医研修施設
「日本泌尿器科学会」専門医教育施設
「日本麻酔科学会」麻酔科認定病院
「北海道医師会」母体保護法指定医師研修機関
「日本感染症学会」専門医研修施設
「日本病理学会」病理専門医研修登録施設
「マンモグラフィ検診精度管理中央委員会」認定検診施設
「日本静脈経腸栄養学会」NST(栄養サポートチーム)稼動施設
「日本精神神経学会」精神科専門医制度研修施設
「日本消化器内視鏡学会」指導施設
「日本呼吸器学会」関連施設
「日本高血圧学会」高血圧専門医認定施設
「日本救急医学会」救急科専門医指定施設
「日本消化器病学会」認定施設
「日本肝臓学会」認定施設

病院倫理規定

臨床倫理および職業倫理規程

名寄市立総合病院に勤務するすべての職員が病院理念及び基本方針に基づき、患者の権利を尊重して最善の医療を提供することを目的として臨床倫理に関する規程を定める。

  1. 患者の意向を十分聞いたうえで患者の自己決定権を尊重し、患者と医療従事者が協力して公正かつ公平で患者さんにとって最善と思われる医療を提供すること。
  2. 医療を受ける患者さんのプライバシーを尊重し、患者さんに関する診療内容および個人情報など、職務上の守秘義務を遵守すること。
  3. 職務を自覚し、医療に携わる者として品位を保持するとともに人格を高め、常に学習に励み知識と技術の向上に努めること。
  4. 医療の公共性を重んじて地域社会に貢献すること。
  5. 関係法令を遵守し医療を通じて社会の発展に尽くすこと。
  6. 良質の医療を提供するために、自ら心身の健康保持と増進に努めること。

本文ここまで

ページの先頭へ戻る