ホーム >  外来のご案内 >  小児科緊急外来のご案内 >  下痢をしているとき

ここから本文です。

下痢をしているとき

お子様は様々な原因で下痢をします。多くは感染性の胃腸炎で、体の中に入った菌やウイルスを外に出そうとする防御反応です。

ホームケア

  • 下痢がひどく食欲がない時は、無理に食べさせずに水分補給(母乳やミルク、イオン飲料等)に努めましょう。
    母乳やミルクはそのまま続けてかまいません。下痢がひどい時は、授乳を短時間で切り上げて回数を多くしたり、ミルクの場合は薄めにするのもよいです。
  • 食欲が出てきたら、消化に良い物を少しずつ食べましょう。
    油っこいもの、食物繊維の多いもの、糖分の多いもの、冷たすぎるものは避けたほうがよいです。
  • おしりがかぶれやすいので、おしりをぬるま湯でこまめに洗い、肛門周囲にベビーオイルを塗って皮膚を保護してあげましょう。
    (石鹸で何回も洗いすぎるとおしりがただれてしまうので、石鹸の使用は一日一回程度としましょう。)
  • 胃腸炎は唾液や便を介してうつる可能性があります。手洗い、うがいを心掛けましょう。

こんな時は早く受診を…

  • 吐き気や高熱を伴い、水分がとれず、おしっこが出ない
  • ぐったりしている
  • 強い腹痛や、血便がある など

本文ここまで

ページの先頭へ戻る