ホーム >  医療関係者の方へ >  日本プライマリ・ケア連合学会北海道ブロック支部 名寄ミニ地方会について

ここから本文です。

日本プライマリ・ケア連合学会北海道ブロック支部 名寄ミニ地方会について

pdf (253.4KB)
▲日本プライマリ・ケア連合学会北海道ブロック支部 名寄ミニ地方会ポスター
 

開催概要

日 時

2019年2月2日(土)14:30~

会 場

名寄市立総合病院 新館3階体育館

参加費

無料
※本ミニ地方会は「プライマリ・ケア専門医/認定医更新のための単位(2.5単位)」、「プライマリ・ケア認定薬剤師の認定単位(2.0単位)」が付与されます

プログラム

  • 開会の挨拶(14:30~14:40)
    日本プライマリ・ケア連合学会北海道ブロック支部 支部長 木村 眞司 先生
    (札幌医科大学医療人育成センター教養教育研究部門(英語担当))
  • 基調講演(14:40~16:50)

    1.「総合診療のいろんなカタチ」
    日本プライマリ・ケア連合学会北海道ブロック支部 福祉部長 小嶋 一 先生
    (手稲家庭医療クリニック)

    2.「地域基幹病院の総合診療~病棟から在宅まで~」
    日本プライマリ・ケア連合学会北海道ブロック支部 福祉部長 木佐 健悟 先生
    (JA北海道厚生連倶知安厚生病院総合診療科)
  • 休憩(16:50~17:00)
  • 一般演題(17:00~17:30)
    1.佐藤 克哉 先生(道北勤医協宗谷医院)
    2.三輪 翔大 先生(名寄市立総合病院)
  • 閉会式(17:30~17:40)

懇親会

  • 18:00~20:00
    地方会のあと懇親会があります。
    会場予約の関係上、ご出席いただける方は1月7日(月)までに事務局までご連絡いただけますと幸いです。

参加申し込み

下の様式にて、期日までにお申し込みください
docx 名寄ミニ地方会参加申込書様式 (19.8KB)

基調講演の内容紹介

「総合診療のいろんなカタチ」
      小嶋 一 先生(手稲家庭医療クリニック)

   総合診療と家庭医療の違い、内科の違いはなんでしょう?総合診療の専門性とはなんでしょう?総合診療医がいると病院や診療所で良いことが起こるのか?といった疑問にこたえます。
   また総合診療医の育成に関して現時点での北海道・全国の現状を説明します。

「地域基幹病院の総合診療~病棟から在宅まで~
      木佐 健悟 先生(JA北海道厚生連倶知安厚生病院総合診療科)

   総合診療医、家庭医と聴くと診療所をイメージされる方が多いかもしれません。しかし、地域基幹病院にも総合診療が必要とされる場面があります。
   私の勤務する倶知安厚生病院を例に、病棟から在宅まで総合診療科が関わることで多様な患者さんのニーズに対応している様子を紹介します。

交通アクセス

所在地はこちら

院内案内図

建物の配置図はこちら

 

交通機関(札幌・旭川方面から)

  • JR行き
  • 札幌発   旭川発 名寄着  
    10:00 ライラック11号 11:30 12:52 快速なよろ1号
    11:00 ライラック13号 12:31 14:09 普通
    12:00 ライラック15号 13:35 14:29 特急サロベツ1号
  • JR帰り
  • 名寄発   旭川着 札幌着  
    20:32 特急宗谷 21:26 22:57 ※直通
 

お問い合わせ先

主 催:日本プライマリ・ケア連合学会 北海道ブロック支部
事務局:名寄市立総合病院
           (e-mail:nyhospsoumu@gmail.com)
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしてください。

本文ここまで

ページの先頭へ戻る